初夢(はつゆめ)とは、新年のある夜に見る夢のことです。この夢の内容で、1年の吉凶を占うという風習が昔からあります。では、一体いつ見た夢を「初夢」とするかは、諸説ありますが、現代では、元日(1月1日)から2日の夜に見る夢とされることが多いようです。

一富士、二鷹、三茄子

「一富士、二鷹、三茄子」(いちふじ、にたか、さんなすび)は、初夢に見ると縁起がいいと言われているベストスリーです。一番高い富士山に、雄々しく大きな爪で獲物を捕る鷹、そして茄子……なんでナス?! 由来には諸説あるようですが、お年賀ですから「茄子」→「成す(大願成就)」が、しっくりきますね。

初夢のイメージ

続きがあるってご存知ですか?

 ちなみに、この有名な「一富士 二鷹 三茄子」のフレーズには続きがあります。
 一富士 二鷹 三茄子 四扇 五多波姑 六座頭

  1. 富士山
  2. 茄子(なすび)
  3. 多波姑(たばこ)
  4. 座頭
    という事だそうです。

初夢の年賀状デザイン

当店では、今回も縁起物の年賀状デザインを取り揃えております。
恐れいります、今年はこのモチーフのデザインはありません。
初夢のデザインをお探しの方は、宝船のページも併せてご覧ください。

他の縁起物モチーフを見る