松竹梅(しょうちくばい)は、松・竹・梅、それぞれが縁起のよい植物です。
「松」は、常緑であることから強い生命力の象徴・不老長寿の象徴とされていました。「竹」は、その成長の速さから威勢がよい、節目があることから節度がよい、またその青さから清浄さを連想させるため縁起物として用いられてきました。「梅」は、極寒に耐え花を咲かすその姿がめでたいものとして江戸時代より新春を彩るモチーフとして定着していったようです。
 やがてこの3つが「門松」の部品となり、現在のお正月を彩る縁起物セットとなりました。年賀状のデザインとしても、松竹梅が入っていれば年賀状らしく華やかに見えるという、大定番のモチーフです。
 ちなみに縁起物としての「松」「竹」「梅」自体にはそもそも優劣や順序はなく、お寿司屋さんなどで並の注文を気兼ねなくしてもらうために、上中並に松竹梅をあてはめてメニューにした事がはじまりだそうです。

松竹梅のイメージ

松竹梅の年賀状デザイン

当店では、今回も縁起物の年賀状デザインを取り揃えております。
松竹梅のモチーフが入ったデザインは、下記のとおりです。